WordPressのオリジナルテーマを作成しよう④
~header.phpとfooter.phpを作る~

こんにちは、ゆんつです。

WordPressのオリジナルテーマ作成の第4回目です。

現在は、以下の工程表の「3. WordPressのテーマを作成する」を、何回かに分けてやっています。

  1. 開発環境を整える
  2. HTMLとCSSで静的なWEBサイトを作る
  3. WordPressのテーマを作成する
  4. 本番環境にインポートする

「3. WordPressのテーマを作成する」は、具体的には以下のような作業内容となります。

  1. style.cssにテーマ情報を記述する
  2. functions.phpを作成する
  3. header.phpを作成する
  4. footer.phpを作成する
  5. メニューを作成する
  6. サイドバーを作成する
  7. index.phpを完成させる
  8. single.phpを完成させる
  9. page.phpを完成させる
  10. 404.phpを完成させる

前回は「2. functions.phpを作成する」を行いました。

WordPressのオリジナルテーマを作成しよう③~functions.phpを記述する~

今回は「3. header.phpを作成する」~「5. メニューを作成する」までの作業を行います。

ヘッダーやフッターは、サイトの各ページで共通して使われます。

サイトで共通して使いまわすようなパーツは、いったん別ファイルに切り出して、それを読み込むようにすれば、同じようなコードを記述する必要がなくなり便利です。

ですので、ブログのヘッダー部分を「header.php」、フッター部分を「footer.php」として切り出し、それを適宜読み込んでいく形に修正していきます。

ヘッダーをheader.php、フッターをfooter.phpとして作成する

それでは、早速始めましょう!

header.phpを作成する

WEBサイトのヘッダー部分を構成する「header.php」を作成しましょう。

index.phpをコードエディタで開いて、ヘッダー部分を構成している<!DOCTYPE html>~</header>までを切り取ります。

ヘッダー部分のコードを切り取る

コードエディタで新規ファイルを作成し、切り取ったコードを貼り付けます。

新規ファイルに切り取ったコードを貼り付ける

そして、「header.php」という名前でテーマフォルダ(index.phpなどがあるフォルダ)に保存します。

header.phpという名前でテーマフォルダに保存

ファイルの保存が終わったら、index.phpに戻ります。

header.phpの読み込みには

  • get_header()

を利用します。

先ほどコードを切り取った部分に、以下のコードを記述します。

<?php get_header(); ?>
ヘッダーを表示する部分にget_header()を記述

get_header()header.phpを呼び出す関数で、get_header()を記述した部分にheader.phpに記述したコードが挿入されます。

動作確認のためサイトを表示させ、ソースコードを確認してみてください。

get_header()を記述した部分に、header.phpが読み込まれていることが解ると思います。

ヘッダーメニューを作成する

ヘッダーにあるメニューを、WordPressのメニューを使って作成します。

ヘッダーメニューを作る

固定ページを作成する

メニューの作成前に、まずメニューをクリックすると表示される固定ページを作成します。

管理画面から「固定ページ」をクリック。

管理画面から固定ページをクリック

すると、すでに公開済みになっている5つの固定記事と、下書き状態の「Privacy Policy」という固定ページがあると思います。

この下書き状態の「Privacy Policy」を編集して、タイトルを「プライバシーポリシー」に変更して記事を「公開」し、Sample Pageを編集してタイトルをプロフィールに変更して更新します。

ちなみに、今回は固定ページの内容部分までは作成しません。

メニューが、固定ページときちんとリンクされるかの確認だけしかしませんので、もしきちんと固定ページを作成したい場合は、プライバシーポリシーやプロフィールなどの文例を入力してきちんと固定ページを作成してみてください。

ヘッダーメニュー作成

下準備が終わったので、ヘッダーメニューを作成します。

管理画面で「外観」⇒「メニュー」をクリック。

管理画面で「外観」⇒「メニュー」をクリック

メニュー画面になるので、「新しいメニューを作成しましょう」をクリック。

メニュー名に「ヘッダーメニュー」と入力し、メニューの位置で「ヘッダーメニュー」にチェックを入れて「新規作成」ボタンをクリック。

ヘッダーメニューの作成

「メニュー項目を追加」で「すべて表示」タブをクリックし、「ホーム」「プライバシーポリシー」「お問合せ」の3つにチェックを入れ、「メニューに追加」ボタンをクリック。

ヘッダーメニューに固定ページが追加されるので、メニューを保存ボタンをクリック。

ヘッダーメニューに固定ページが追加されたのを確認して保存

これでメニュー画面でのメニューの設定は完了です。

メニューが表示されるようにする

作成したメニューがヘッダーに表示されるようにします。

header.phpを開いてください。

header.phpの中の<nav class=”header-nav pc”>~</nav>までのヘッダーメニュー部分を削除します。

header.php内のnavタグを削除

メニューを表示するには

  • wp_nav_menu()

を利用します。

コードを削除した部分に、以下のコードを記述してください。

<?php
wp_nav_menu(
  array(
    'depth' => 1,
    'theme_location' => 'header',
    'container' => 'nav',
    'container_class' => 'header-nav pc',
    'menu_class' => 'header-list',
  )
);
?>
削除部分にwp_nav_menu()を記述

wp_nav_menu()はメニューを表示する関数で、連想配列をつかって必要な事項を設定していきます。

各パラメータを簡単に説明します。

depth’は表示するメニューの深さを指定します。

今回は1なのでメニューの一番上の階層だけを表示します。

‘theme_location’は、functions.phpのregister_nav_menus関数で設定した連想配列のキーを指定することで、その値となっているメニューが、その場所に表示されます。

functions.phpのregister_nav_menus

今回のケースでは’theme_location’で’header’を指定しています。

register_nav_menus()で’header’の値になっているのは’ヘッダーメニュー’です。

メニュー画面を再度確認してみましょう。

ヘッダーメニューの確認

ヘッダーメニューのメニューの位置は「ヘッダーメニュー」が選択されています。

これにより、先ほどメニュー画面で作成した「ヘッダーメニュー」が、ヘッダー部分に表示されようになるのです!

‘container’はメニューを囲む要素のタグを指定します。

‘container_class’はメニューを囲む要素に付与されるクラス名を指定します。

‘menu_class’はメニューの各項目の親要素となるulタグに付与されるクラスを指定します。

コードを記述したら、いったんWEBサイトを確認してみてください。

きちんと、メニューが表示されていると思います。

ヘッダーメニュー

ただし、「ホーム」以外の「プライバシーポリシー」と「お問合せ」はクリックしても、スタイルシートが適用されていないpage.phpが表示されるだけです。

これはpage.phpを、まだWordPressのテーマになるように修正していないためです。

今後、page.phpをWordPressのテーマになるように修正すると、ヘッダーメニューをクリックすることにより、該当する固定ページが表示されるようになります。

以上でヘッダーメニューの作成は完了です。

サイト名とキャッチフレーズとリンクの設定を行う

現在、サイト名とキャッチフレーズは直接PHPファイルに記述しています。

ブログ名とキャッチフレーズの設定を行う

この状態だと、サイト名やキャッチフレーズを変更したい場合に、いちいちエディターでコードを書き換えなければなりません。

ゆんつ
面倒ですよね

WEBサイトのサイト名やキャッチフレーズは、「一般設定」画面(「設定」⇒「一般」をクリック)のサイト名とキャッチフレーズに設定しておくことにより、関数を使って呼び出すことが出来るようになります。

つまり、現在PHPファイルに直接記述しているサイト名やキャッチフレーズ部分に、サイト名やキャッチフレーズを表示する関数を記述しておけば、サイト名やキャッチフレーズに変更があったとしてもコードを書き換えなくても済むようになります。

それでは、実際に該当部分を関数に置き換えましょう。

まず、管理画面から「設定」⇒「一般」をクリック。

管理画面で「設定」⇒「一般」をクリック

一般設定画面になります。

一般設定画面

サイトのタイトルは「Test-Blog」に既になっていると思いますので、キャッチフレーズ欄に「~WordPressのテストブログです~」と入力して、「変更を保存」ボタンをクリックしてください。

header.phpの編集画面に戻ります。

一般設定画面で設定した、サイトのタイトルやキャッチフレーズをサイトに反映させるには

  • bloginfo()

を利用します。

「テストブログ」という個所を

<?php bloginfo('name'); ?>

に書き換えます。

そして、「~WordPressのテストブログです~」という個所を

<?php bloginfo('description'); ?>

に書き換えます。

ブログ名部分とキャッチフレーズ部分を関数に書き換え

bloginfo()はサイト情報を表示する関数で、bloginfo(‘name’)は一般設定画面の「サイトタイトル」、bloginfo(‘description’)は「キャッチフレーズ」を表示することができます。

ファイルを保存したら、サイトを確認してみましょう。

PHPファイルに記述していたブログ名やキャッチフレーズを削除しても、一般設定画面で設定したサイト名とキャッチフレーズ部分が、きちんと表示されていることが確認できると思います。

もし時間があれば、一般設定画面でサイト名やキャッチフレーズを変更して、WEBサイトに反映されるか何回か試してみてください。

続けて、ブログ名に設定しているリンクを、ブログのトップページへのリンクになるように修正します。

ブログ名に設定しているリンクを修正する

ブログのトップページへのリンクの取得は

  • home_url()
  • esc_url()

を利用します。

href属性部分に

<?php echo esc_url(home_url()); ?>

と記述します。

href属性にコードを記述

home_url()はWEBサイトのトップページのURLを取得する関数です。

esc_url()はURLの文字列を安全なものにクリーニングしてくれる関数です。

home_url()とesc_url()を組み合わせることにより、URLを安全な文字列にしてechoで表示することができます。

以上でheader.phpの作成は完了です。

footer.phpを作成する

footer.phpを作成します。

ゆんつ
作業的にはheader.phpとほとんど同じなので、復習のつもりで気楽に取り組んでみてください

index.phpを開いて、footer部分を構成している<footer class=”footer”>~</html>までを切り取ります。

footer部分のコードを切り取る

そして、コードエディターで新規ファイルを作成し、切り取ったコードを貼り付け。

新規ファイルに切り取ったコードを貼り付ける

ファイル名を「footer.php」にして保存します。

footer.phpという名前でテーマフォルダに保存

footer.phpを読み込むには

  • get_footer()

を利用します。

index.phpに戻り、コードを切り取った場所に

<?php get_footer(); ?>

と記述します。

ヘッダー部分にget_footer()を記述

get_footer()はfooter.phpを読み込む関数です。

これにより、footer.phpに記述したコードが読み込まれ、フッター部分が表示されるようになります。

フッターメニューを作成する

ヘッダーメニューの復習になりますが、フッターメニューを作成しましょう。

フッターメニュー作成

管理画面からメニュー画面に進み、「新しいメニューを作成する」をクリックして、新しいメニューを作成します。

新しいメニューを作成する

メニュー名に「フッターメニュー」と入力し、メニューの位置はフッターメニューにチェックを入れて「メニューを作成」ボタンをクリック。

フッターメニューの作成

「メニュー項目を追加」で「プライバシーポリシー」「お問い合せ」「プロフィール」にチェックを入れて、「メニューに追加」ボタンをクリック。

そしてメニュー構造で、メニューの並び順を「プロフィール」「プライバシーポリシー」「お問い合せ」に変更し、「メニューを保存」ボタンをクリックして設定を保存します。

フッターメニューに固定ページが追加されたのを確認して保存

メニューと固定ページを紐づける

メニューの設定が完了したらfooter.phpの編集を行います。

footer.phpにある<nav class=”footer-nav”>~</nav>までを削除します。

フッターナビ部分を削除

そして削除した個所に、メニューが表示されるようにwp_nav_menu()を使用して以下の通りに記述します。

<?php
wp_nav_menu(
  array(
    'depth' => 1,
    'theme_location' => 'footer',
    'container' => 'nav',
    'container_class' => 'footer-nav',
    'menu_class' => 'footer-list',
  )
);
?>
削除部分にwp_nav_menu()を記述

これにより、メニュー画面で設定したメニューがフッターに表示されるようになります。

ドロワーメニューを作成する

ヘッダーメニューとフッターメニューが完成したので、ついでにドロワーメニュー(モバイル時に表示されるサイドから現れるメニュー)も作成しておきます。

ドロワーメニューを作成する

メニュー画面で「新しいメニューを作成しましょう」をクリックし、メニュー名を「ドロワーメニュー」、メニューの位置を「ドロワーメニュー」にチェックを入れて「メニューを作成」ボタンをクリック。

ドロワーメニューの作成

「メニュー項目を追加」で「すべて表示」タブをクリックし、「ホーム」「プライバシーポリシー」「お問合せ」の3つにチェックを入れ、「メニューに追加」ボタンをクリック。

ドロワーメニューに固定ページが追加されるので、メニューを保存ボタンをクリック。

ドロワーメニューに固定ページが追加されたのを確認して保存

続いてindex.phpを開き、<nav class=”drawer-nav”>~</nav>までを削除します。

ドロワーナビ部分を削除

そして削除箇所にwp_nav_menu()で、メニューが表示されるように以下の通り記述します。

<?php
wp_nav_menu(
  array(
    'depth' => 1,
    'theme_location' => 'drawer',
    'container' => 'nav',
    'container_class' => 'drawer-nav',
    'menu_class' => 'drawer-list',
  )
);
?>

コードを記述したらサイトを確認し、開発者ツールを使ってレスポンシブモードでドロワーメニューがきちんと表示されるかをチェックします。

以上でドロワーメニューの作成は完了です。

他のページも同様に変更してください

以上でheader.phpとfooter.php、ドロワーメニューの作成は完了です。

現在はindex.phpだけの編集が完了しています。

  • single.php
  • page.php
  • 404.php

はまだ編集が終わっていません。

とはいっても難しい作業は何もなく、index.phpで編集した箇所(header部分、footer部分、ドロワーメニュー部分)を、残りの3つのファイルでも同じ形になるようにコピペすればいいだけです。

ゆんつ
簡単!

index.phpで編集した箇所を、残りのファイル(single.php、page.php、404.php)に同じようにコピペしておいてください

次回に続きます

今回は、header.phpとfooter.phpの作成及び、それらに関連するメニューの作成と表示を行いました。

今回のポイントは

  • ヘッダーやフッターなどのように共通して使いまわすパーツは外部ファイルにする

という事だと思います。

それにより、関数を使って簡単パーツが呼び出せることが作業を通じてわかったと思います。

WordPressのオリジナルテーマを作成しよう⑤~サイドバーを作る~

それでは、また次回お会いしましょう!